遺族の気持ち

千葉といっても範囲が広いので、同じ千葉県内でも葬儀に参列する時は車で移動する事も多くなります。

こういう時は駐車場が広いと安心です。

・市原儀式殿

市原儀式殿は計105台という広大なスペースの駐車場があります。

ホールは家族葬から一般葬まで、幅広く対応できます。

千葉でも最近は家族葬というシンプルな葬儀スタイルが増えていますが、市原儀式殿では式場と控え室が一体になっている、家族葬専用ホールがあります。

通夜から葬儀まで対応していますので、通夜振る舞いなどができる部屋も用意されています。

・概要

場所は千葉県市原市です。

最寄り駅はJR八幡宿駅で、東口下車の後、小湊バス労災病院行きに乗車し、山木バス停下車徒歩1分のところにあります。

電車とバスを乗り継ぎますが、バス停から近いので参列者も迷わずいけるでしょう。

・まとめ

葬儀場で行う場合は、自宅とは違う緊張感があります。

特に遺族は葬儀が済むまで気が張り詰めていますから、待っている間も気が休まりません。

遺族への配慮として、控室にマッサージチェアが設置されています。

マッサージという気分にならない事も多いものの、一瞬でも体をほぐせるのは素敵な配慮です。

喪服にシワが寄っても、ズボンプレッサーがありますし、慌てていて靴を磨き忘れた時にも、靴磨きが用意しているから安心です。

葬儀には小さい子どもが参列する事もあります。

◆参列させる場合は⇒事前準備が必要!赤ちゃん・子供連れのお葬式のマナー!! [ママリ]

子どもはどうしても飽きてしまうので、子ども向けの絵本なども用意してあります。

葬儀はつらく悲しいものですが、せめて葬儀を行う場所は穏やかで明るい雰囲気のところをえらびたいですね。

千葉にある稲毛儀式殿は、天井が高く開放感がある葬儀場です。

・稲毛儀式殿

稲毛儀式殿はロビーの天井が高く、開放感があります。

葬儀の時は誰でも気持ちは落ち込みますから、開放感があるロビーだけでも気持ちが楽になるかもしれません。

セレモニーホールはもちろん、家族葬など少人数の葬儀など幅広いスタイルに対応できます。

稲毛儀式殿の概要を見てみましょう。

・概要

場所は千葉県千葉市稲毛です。

JR千葉駅から千葉都市モノレールに乗り、スポーツセンター駅下車徒歩1分のところにあります。

一旦モノレールに乗り換えが必要ですが、最寄り駅からは徒歩1分と駅チカで、アクセスに便利な場所です。

駐車場は69台まで、式場内は48席まで対応できます。

葬儀の規模に合わせてプランを立てやすいのがポイントです。

・まとめ

式場内にある親族控室には、冷蔵庫や電子レジなどが用意されていて、バスルームもあります。

千葉県内でも自宅に帰る事ができない場合も、簡単な食事やお風呂があるのは便利です。

稲毛儀式殿ではプランごとに内容や料金を明確にしています。

葬儀はどうしても費用がかかりますが、ある程度はっきりしていればあれこれ考えたり、悩んだりする事なく、プランから選ぶだけだから精神的な負担は軽減できるでしょう。

通夜から葬儀、火葬場への送迎まで全て任せる事ができます。